Return to site

世界の食育システム

· Japanese

あなたの国では、子供たちが学習に必要なエネルギーを得られる食事が毎日提供されていますか?

あなたが幼少時代を過ごしてきた環境について考えたことはありますか?

世界には様々な教育システムが存在しているのです。

カンボジアには28万6,000人の子どもたちがいます。

多くの子供たちはお腹を空かせたまま学校へ登校したり、自宅で家族の手伝いをしていました。その結果、教育を受ける機会を失ってしまった子供たちも少なくはありません。

子どもたちにとって、朝食は一日の中で一番重要な食事です。

1999年から国連WFPは子どもたちが登校し、授業や遊びに集中できるようにするために栄養価の高い食事を提供してきました。

毎朝、シェムリアップ郊外の小学校では早朝4時に調理員たちは起床し、働いています。冷蔵庫はなく小さなコンロだけで、調理員たちは新鮮な地元産食材を使った栄養満点の給食を平均150人分作っています。

https://youtu.be/-Z3lWY9pfPA

国連WFPは教室内で子どもたちに正しい歯磨きや手洗いのやり方など衛生管理の指導も行っています。そうすることで子どもたちは健康な生活習慣を身に着け、得た知識を家庭に持ち帰ることができます。

この様な世界の教育システムや文化の違いを知ってみたいとは思いませんか?

あなたの国にいながら、そして通常の生活をしながら、世界中に友達をつくれるアプリWeworldでは、世界196ヵ国に住むユーザーと繋がることが出来ます。

https://apps.apple.com/us/app/weworld-match-chat-travel/id1372628409

Weworldでは、海外に住むユーザーとだけ知り合うことが出来るので、お友達になったユーザーと現地の写真をシェアし合うのも一つの使い方です。

世界の教育システムを知ることで、今後あなたが学びたい分野や興味・関心を見つけることが出来るかもしれません。

- Team Weworld -

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK