Return to site

言葉の持つ力

The power of language

· Japanese

あなたは言葉が持つ力について考えたことがありますか?

あなたが外国語を話している時、考え方や性格が変わった様に感じることがあるのではないでしょうか?

世界では約7,000もの言語が使われており、それぞれの言語の音・語彙・構造が異なります。

認知科学者のレラ・ボロディツキー(Lera Boroditsky)さんのTEDトーク「How language shapes the way we think」では、いかに言語が考え方に影響を及ぼすのかについて説明されています。

https://www.ted.com/talks/lera_boroditsky_how_language_shapes_the_way_we_think#t-1359

この中で、レラさんは、左右を方位で表す民族、時間の考え方の違い、数の数え方の違い、色の見分け方、性別名詞による感覚の違い、出来事の表し方の違いについて例をあげています。

例えば、出来事の表し方について、ちょっとした事故で美術館の壺を壊してしまった時、英語では「彼が壺を壊した。」と言います。それがスペイン語では「壺が壊れた。」という言い方をします。事故であった場合、「誰がやった」とは表現しないのです。

同じ事故でも英語話者は誰がやったかをよく覚えていて、スペイン語話者は「事故だった」という事実をよく覚えています。

そうなると、英語話者とスペイン語話者の二人が交通事故を目撃した場合、二人の証言内容は異なるものになるでしょう。

日本語話者のあなたが英語を話す時、身振り手振りを付けたり、より物事をはっきりと表現する、そして積極的に振舞うことに挑戦してみたら、何が起こるでしょうか?

もしかすると、あなたは英語話者の考え方をよりスムーズに理解出来る様になるかもしれません。

そんな言語による影響をよりたくさん知ってみたいとは思いませんか?

あなたの国にいながら、そして通常の生活をしながら、世界中に友達をつくれるアプリWeworldでは、世界126ヵ国に住むユーザーと繋がることが出来ます。

https://apps.apple.com/us/app/weworld-match-chat-travel/id1372628409

一つの使い方として、Weworldでユーザーと友達になったら、その後は、Skype等を使ってビデオ電話に挑戦する方法もお勧めします。

そうすると相手のジェスチャーや表現方法を、視覚を通じて見ることが出来るので、より理解が深まるのではないでしょうか?

- Team Weworld -

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK